目がかゆくなったり痛くなったりする花粉症

花粉症で目がかゆみや痛みがある時の対策は?症状の現れ易い時期

春になると毎年悩まされれる花粉症。

目がかゆくなったり痛くなったりしますよね。

又、くしゃみや鼻水はもちろんのこと、
ひどい時は頭痛がガンガンするなんてことも。

今回は、花粉症で目がどのような症状がでるのか?
そして、その症状の現れやすい時期はいつなのか?
花粉症で目がかゆい時や痛い時の対策方法は?

それぞれ一緒に見ていきましょう。
それでは、どうぞご覧くださいませ。





 

花粉症による目のかゆみや痛みの症状

それでは、花粉症による目のかゆみや痛みの症状について
これから詳しく見ていきましょう。

花粉症の症状が起こる原因

花粉症の症状が起こる原因というのは、
目や鼻や喉といった粘膜に対して、
アレルギーの原因となる花粉が付着することです。

目や鼻や喉、その中でも、アレルギーの原因である花粉が目に入ると、
結膜という場所に花粉が付着することになります。

花粉症の目の症状 アレルギー性結膜炎

結膜はこの花粉を異物として認識するので、
花粉から目を守るため、花粉を体外へ排出しようとします。

その働きのために血管を拡張させて血流を増やし、
目のかゆみや痛みを起こしたりするのです。

これがアレルギー性結膜炎と呼ばれる症状です。

ここで気をつけたいことが、目がかゆいので、
目をゴシゴシとこすってしまいがちですよね。

そうすると今度は粘膜の中でも結膜を通り越して、
角膜を傷つけてしまうことにもなりかねません。
目をゴシゴシとこすりすぎないように注意してください。

もしも症状がヒドい時は、コンタクトレンズをしている人は、
眼医者に行ってコンタクトレンズを装着したまま
点眼できる目薬を処方してもらってくださいね。





 

花粉症の症状が現れやすい時期

花粉症は春に起こるものと考えられていますが、
実は年中通して、様々な花粉が様々な場所で飛んでいるので、
一概に春しか起こらないとは言えません。

しかしながら、代表的なのはやはりご存知の通り、
スギやヒノキの花粉が飛び出す春頃がピークを迎えます。

早い人で毎年2月中にも症状が出始めたりします。
春を過ぎると梅雨があるので、雨で花粉がマシになりますが、
遅い人では梅雨が終わると再び花粉症が再発する方もいます。





 

花粉症で目のかゆみや痛みの対策

目のかゆみや痛みの対策は主に二つあります。

眼医者に行って抗アレルギー点眼薬を処方してもらう

一つは、眼医者に行って抗アレルギー点眼薬を処方してもらうこと。
つまり目薬ですね。

洗眼剤で目を洗浄する

そして、もう一つは、洗眼剤で目を洗浄することです。
この際に水道水では目にとって刺激が強いため使用しないでください。

洗眼剤はコチラがオススメです。
角膜を修復したり保護したりしてくれる第三類医薬品です。
コンタクトレンズをつけたままでも大丈夫です。
かなり重宝しますので、一つは持っておいてくださいね。

洗眼剤 アイボン

いかがでしたでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。
よかったら下記よりいいね!やシェアいただけるとうれしいです。

又、続きの記事も併せてどうぞご覧くださいませ。




-ライフスタイル, ライフハック
-, , , ,