雛人形を正しい飾り方でのひな祭り

ひな祭りで雛人形の三段飾りをしたい!正しい飾り方とは?

ひな祭りは、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です。
又の名を女あそびともいいます。

雛人形(七段・五段・三段)には、雛あられや菱餅を供えて、
桃の花なども飾って、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しみます。

では、雛人形を飾る際に正しい飾り方とはどのようなものでしょうか?
一緒に見ていきましょう。

それでは、どうぞご覧くださいませ。

photo credit: St Stev





 

ひな祭りで雛人形の飾り方 三段飾り

コンパクトでありながらも、
雛人形として最も華やかな部分を残すといわれている三段飾り。

最も一般的な飾り方は、まず親王と親王妃、
そして三人官女を加えた五人飾りです。

では三段飾りの飾り方のポイントを紹介します。

三段飾り 一段目の飾り方

親王と親王妃を飾ります。

向かって左を親王で右を親王妃にすると
一般的な「関東雛」になります。

又、それとは逆にして、
向かって右を親王で左を親王妃にすると
京都風の「京雛」と呼ばれる飾り方になります。

親王と親王妃の間に、
桃の花を挿した瓶子を乗せた三宝を置いてください。

親王と親王妃の後ろに屏風を置き、
左右の端にぼんぼりを飾ってください。





 

三段飾り 二段目の飾り方

三人官女を飾ります。

まずは、真ん中に眉毛の無い、
両手がパーの雛人形を置いてください。
この雛人形には三宝を持たせましょう。

次に右手がグーで左手がパーで口が開いている雛人形を1番左に置きます。
この雛人形はくわえ銚子と呼びます。

最後に両手がグーの雛人形を1番右に置きます。
この雛人形はながえ銚子と呼びます。

そして三人官女の間にそれぞれ、
高杯に乗せたお餅を飾って出来上がりとなります。

三段飾り 三段目の飾り方

三段飾りの三段目はお道具を飾りましょう。
順番は右から順に御所車・重箱・御賀籠です。

雛人形の三段飾りはいかがでしたでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。
よかったら下記よりいいね!やシェアいただけるとうれしいです。

又、続きの記事も併せてどうぞご覧くださいませ。




-イベント, ライフハック
-, , ,