軟水と硬水の違いがあるミネラルウォーター

ミネラルウォーターでの軟水か硬水の違いは?場面での使い分け方

私達の生活で欠かすことができないミネラルウォーター。

昔は水にお金を出すことは考えられなかったのですが、

今ではミネラルウォーターにお金を出して買っています。

その水の種類も様々ですが、大きく分けて軟水と硬水があります。

どう違うのでしょうか?

そして、どのような場面で使い分けると良いのでしょうか?

それでは、どうぞご覧くださいませ。





 

軟水と硬水の違いは?どちらが飲みやすい?

ミネラルウォーターには硬度によって軟水と硬水とに分かれています。

文字の通り軟水は軟らかい水、硬水は硬い水という意味です。

それぞれ違いを見ていきましょう。

軟水のミネラルウォーター

日本に流通しているほとんどの水は軟水です。

軟水の方が日本人には慣れていて飲みやすいでしょう。

軟水は、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムが少ないです。

そのため、口当たりがまろやかという特徴がありますよ。

硬水のミネラルウォーター

海外での水で硬水は多いです。

ですので日本人はあまり飲み慣れていないでしょう。

しかしながら、食事が欧米化している近年では、

野菜不足の食生活を送っている方などは

ミネラルを補給する為に硬水を飲むのが良い方法の一つです。

硬水は、水の中に含まれるカルシウムやミネラルが多いです。

そのため、口当たりがかなり重めで苦みを感じるのが特徴ですよ。





 

軟水と硬水の場面での使い分け方

軟水のミネラルウォーターと硬水のミネラルウォーター。

様々な場面で使い分けると良いでしょう。

基本は軟水で構いませんが、場面によっては硬水の方が良い場面も。

ミネラルウォーターでお茶を作る

これは軟水が最適です。

硬度80mgまでのを使用してください。

軟水のミネラルウォーターを一度完全に沸騰させて、

少し冷ました80度位のお湯でお茶を作ってくださいね。

ミネラルウォーターでコーヒーを作る

これは軟水が最適です。

硬度80mgまでのを使用してください。

軟水のミネラルウォーターを完全に沸騰させた

100度前後の熱湯でコーヒーを作ってくださいね。

ミネラルウォーターで紅茶を作る

これは軟水が最適です。

硬度100mgまでのを使用してください。

こちらもコーヒーと同様に沸騰した直後の

100度前後の熱湯で紅茶を作ってくださいね。

但し、ミルクティーやアッサムティーは硬水で入れた方が

より美味しく作れるので試してみてください。

ミネラルウォーターで和食を作る

これは軟水が最適です。

お米を炊いたり、煮物やお味噌汁など

和食を作るときは軟水が向いていますよ。

ミネラルウォーターで洋食を作る

これは硬水が最適です。

欧風料理など海外の食事には硬水が向いていますよ。

ぜひ一度チャレンジしてみてください。




-ライフスタイル, ライフハック
-, , ,