初詣で参拝してお賽銭を入れたりおみくじを引いた神社

お正月で初詣の参拝方法は?おみくじは何回迄?お賽銭の金額は?

2016/12/14

毎年、新しい年を迎える度にお正月の行事がありますね。
その都度、心機一転して新たな目標を掲げ、これから始まる一年に胸を躍らせるでしょう。

お正月の行事で「初詣」があります。
家族や友人や恋人と今まで何気なく行っていたけれども、
初詣の参拝方法はわかって行っていましたか?

初詣でおみくじの回数は何回も引いてもいいのでしょうか。
お賽銭を入れる時の金額はいくらがよいのでしょうか。

今回は「初詣」に関してお届けしていきます。
それでは、どうぞご覧くださいませ。

All photos of this article by : NAVER




 

初詣の意味と由来とは?

初詣の意味と由来を表す神社
初詣の意味と由来を表す神社

初詣の本来の意味

初詣とは、新しい年を迎える際に「土地を守ってくれている神様にお礼へ行く」ことです。
感謝の意を表し、一年間の決意や願いをする意味があります。

初詣の由来となった儀式

初詣の由来として、起源は年籠りと呼ばれる家長が新年を平安に暮らす為に、
大晦日の夜から元旦の朝まで、氏神の社つまり現代でいう神社に籠る儀式から始まりました。

そして、年籠りから大晦日に行われる除夜詣と、
元旦の早朝に行われる元旦詣とに行事が分割される様になりました。
これらが現在でいうところの大晦日と初詣の原型になっています。

従来はこの2つの行事を恵方詣と呼んでおり、
毎年1月1日にその年の年神様が居るという、
恵方の方角へ参拝し祈願するという風習が一般的でした。

そして、近代では鉄道が普及した為、恵方詣の参拝方法が変化しました。
信仰のあった神社へのアクセスが容易になり、利便性が高くなったからです。





 

初詣の正式な参拝方法

初詣で正しい方法で参拝した神社
初詣で正しい方法で参拝した神社

初詣で神社での参拝方法

神社での正式な参拝方法としては、
神社に訪れたらまず鳥居の前で一礼してください。
次に、手水舎で手と口を清めましょう。
そして、お参りする際は二拝二拍手一拝と覚えてください。
具体的な方法としては、以下の通りになります。

神社での正式な参拝方法
1 軽く頭を下げて鈴を鳴らす(約15度位)
2 お賽銭を入れる(金額は自由)
3 深く2回お辞儀をする(約90度位)
4 2回拍手をする(しっかりと拍手)
5 合掌して祈願する(内容は自由)
6 深く1回お辞儀をする(約90度位)

注意点としては、神社に参拝する時は正面に立たないことです。
これは神様が出入りする場所を空けておく為です。
又、鳥居をくぐった後も同様に中央を歩かないことです。
こちらも神様の通り道とされている為です。

最後に参拝が終わり帰る時も、鳥居を出たら一礼してください。
以上が神社での正式な参拝方法になります。

初詣で寺での参拝方法

寺での正式な参拝方法としては、
寺に訪れたらまず山門の前で一礼してください。
次に、手水舎で手と口を清めましょう。
そしてロウソクとお線香をあげます。
お参りする際の具体的な方法としては、以下の通りになります。

寺での正式な参拝方法
1 軽く頭を下げて鐘を突く(約15度位)
2 お賽銭を入れる(金額は自由)
3 合掌して祈願する(内容は自由)
4 軽く頭を下げる(約15度位)

注意点としては、寺での合掌の時には数珠があると良いでしょう。
宗派によって掛け方が違いますので、ご自身の宗派に合わせてくださいね。
後、寺では参拝を終えた人が優先とされています。
参拝に行く際に帰る道中の人に対しては脇によけて道を譲ってください。

最後に参拝が終わり帰る時も、山門を出たら一礼してください。
以上が神社での正式な参拝方法になります。





 

初詣での手の清め方

初詣で手を清めた綺麗な神社
初詣で手を清めた綺麗な神社

手を清める為に水場に行きます。
基本としては、まず右手で柄杓を持ち水をすくいます。
このすくった水は4回に分けて使っていきます。
手を清める順番は、左手、右手、口、柄杓です。

初詣で手の清め方の具体的手順

1 右手で柄杓を持ち、左手に水をかけて清める。
2 左手に柄杓を持ち、右手に水をかけて清める。
3 右手で柄杓を持ち、左手で受けた水で口の中を清める。
4 柄杓を縦にして、柄に流して清める。

以上が初詣での手の清め方になります。





 

初詣でおみくじの回数は何回まで?

初詣でおみくじを一回引いた神社
初詣でおみくじを一回引いた神社

初詣でおみくじを二回ひくことについて

おみくじの内容は都度、自身の持つ気持ちによって変化します。
よって、二回以上おみくじを引いても大丈夫です。

しかしながら凶や大凶が出たからといって、
それを理由に連続しておみくじを引いたとしても、
都度、示し方が変化するだけで、神様への参拝の後の状態は変わらないでしょう。

初詣のおみくじで吉や大吉を引く

吉や大吉が出たらもちろん嬉しいですよね。
今年はどんなイイ事があるのだろう?と胸を躍らせるに違いありません。

初詣のおみくじで凶や大凶を引く

凶や大凶は祈願成就に時間や労力が掛かる為、
一般的に悪いとされていますが、決して悪いだけではありません。

凶や大凶を引いた際に、自らを引き締める良いきっかけともなります。
そうすることによって、凶や大凶でも祈願成就する可能性は多いにあるでしょう。





 

初詣のお賽銭の金額は?

初詣でお賽銭を入れた神社
初詣でお賽銭を入れた神社

お賽銭の金額は自由

初詣のお賽銭に正確な金額は決まっていません。
一般的にはご自身の気持ちを入れていただく様になっています。

金額の多寡ではなくて、お願いする際の思い入れですね。
そして、祈願成就されますように。

お賽銭でご縁がある5円玉

よって、いくら入れるかの金額は自由なのですが、
更に少しでもご利益が多い様にしたい時や縁起を担ぎたい時は、
5円玉はご縁がある為、一般的に多く使用されています。

金銭的にも負担が少ないので5円玉はぜひ使ってみてくださいね。

以上、お正月で初詣に行く際の正式な参拝方法と、
おみくじの回数とお賽銭の金額の多寡についてでした。

この記事が少しでもお役に立ちましたら、
ぜひ下記より、はてブやいいねやシェアをよろしくお願いします。




 

初詣の参拝方法とおみくじ シェアありがとうございます!

-イベント, ライフハック
-, , , ,