洗濯したのに臭い!原因と対策は?酸素系漂白剤で抜群の臭い取り

生活をしていく中で、洗濯は必ず欠かせないもの。
雨の日や寒い日は洗濯が捗りませんが、
カラッと晴れた日に洗濯をすればすごく気持ちがいいですよね。

ある日、洗濯物の匂いを嗅いだところ、
ものすごく臭かったという経験はないでしょうか?

洗濯物が臭くなってしまった時の対策方法について紹介します。
それではどうぞご覧くださいませ。





 

洗濯物が臭くなる原因とは?

ズバリ!
洗濯物が臭くなる原因はカビです。

よくある事例としては、これらの場合があります。

脱いだ服を入れっぱなしにしている場合。
→洗濯機の湿度が上がりカビが発生してしまいます。

洗濯が終わった後にフタを閉めている場合。
→こちらも洗濯機の湿度が上がりカビが発生してしまいます。

洗濯が終わっているのに洗濯機の中に洗濯物を放置
→よくありがちです。洗濯機の湿度が上がりカビが発生してしまいます。

洗剤が溶けていなくて固まったまま洗濯している場合
→洗剤や柔軟剤が溶けきっていないのがカビの原因になります。

洗濯機内側のポケットに直接洗剤や柔軟剤を入れている場合
→よく間違ってしまう事例です。洗剤が溶けないので注意してください。

お風呂の残り湯を使って洗濯している場合
→お風呂の残り湯は長時間経つと雑菌が繁殖しますので注意してください。

洗濯機の下部にある排水パンの排水溝が原因の場合
→髪の毛やゴミが詰まっていないかどうか注意してください。

洗濯物が臭くなる原因は、こんなにもあります。
これらの事例とあてはまっていないか一度チェックしてみてくださいね。





 

洗濯物が臭い時の対策方法 酸素系漂白剤

【業務用 衣料用粉末酸素系漂白剤】ワイドハイター 3.5kg(花王プロフェッショナルシリーズ)

酸素系漂白剤でつけおきをして殺菌消毒をしていくのが効果的です。
これから酸素系漂白剤を使って、洗濯物にこびりついていて臭いの元である
雑菌や皮脂の汚れを完全に落としてしまいましょう。
方法は以下の手順で行ってください。

酸素系漂白剤で臭い取り お湯を用意する

洗濯機もしくはお風呂の浴槽にお湯をためていきましょう。
最適なお湯の温度は約40度から50度です。
この温度が一番漂白剤の殺菌効果が高まる温度となっています。
万が一、お湯の温度が低くてぬるい場合は、
殺菌効果が薄れてしまいますので注意してください。

酸素系漂白剤で臭い取り お湯に漂白剤を入れる

次に先ほどためて用意したお湯に酸素系漂白剤を入れます。
酸素系漂白剤は、ワイドハイターなどの粉末タイプが好ましいです。

液体タイプの酸素系漂白剤や重曹だと、
殺菌効果が薄いためおすすめしません。

※塩素系漂白剤は漂白力が強力な為、
衣類の色落ちや生地の痛みの原因になります。

ワイドハイター粉末タイプでスッキリ臭い取りをしましょう。

酸素系漂白剤の入れる分量としては、
シミぬきやつけおきの分量でオッケーです。
ワイドハイター粉末タイプを使用する場合は、
水1リットルに対して5グラム入れてくださいね。

酸素系漂白剤で臭い取り 洗濯物をつけおきする

ここまでが終わったら、次は洗濯物を入れて1時間つけおきします。
お湯が冷めないように洗濯機や浴槽に蓋をしておくとベストです。

酸素系漂白剤で臭い取り 洗濯する

お疲れ様です。
最後は、洗濯機でいつも通りに普通に洗濯するだけです。

この方法で洗濯が完了した時、洗濯物の臭いが抜群に取れていますよ。
洗濯物の臭いをチェックしてみてください。




-ライフスタイル, ライフハック
-, , ,